大分唐揚げもここは特に別格 天神丸福 竹田にて

観光地の定食屋って基本的に疑ってかかります。
値段だけ高くて、大したものを出さないのが、観光地の定食屋でしょ。
場所的には、ちょっと中心部とずれてはいるのですが、なんか
佇まいがいかにも観光地の定食屋って感じなので、数回、通りかかったときは、
シカトしておりました。しかし、このお店、結構どころじゃなく有名なお店。
f0005799_21103189.jpg

竹田というと、荒城の月の舞台になった長城に、長湯温泉等がそばにあったり、
城下町の趣等、個人的には九州でも好きな場所のひとつです。しかし、ネックは
あまりにも交通の便が悪いということ。秘境感たっぷりです。そんな場所に、
そんな有名なお店があるのもまた驚き。そう思うと、ただの定食屋に見えていたのが、
いっぱしの名店に見えてくるから、不思議です。お勧めを尋ねると、とり天定食を
薦められます。しかし、このお店の代名詞は、とり天ではないはず。そう、唐揚げ定食。
f0005799_2110594.jpg

すさまじいオーラ、ボリューム。
f0005799_21112535.jpg

ジューシーであふれ出す肉汁、しかも、びっくりするくらい柔らかい。ケンチキもびっくり。
しかしだ、、、おかずで食べるものじゃないですね、骨付き唐揚げは。(笑)食べづらいし、
手は汚れるし、おかずを食べて、ごはんを食べてと交互に食い分けるのも出来ず・・・。(苦笑)
とり天を勧める気持ちも分かります。リーマンはとり天定食を食べるべきですね。しかし、
ここの唐揚げは一度試してみる価値ありですわ。
[PR]
by nky1978 | 2012-03-15 13:08 | おおいた
<< キャナルのラーメンスタジアムへ... 創業40年以上?の伝統の味 双... >>