あの長崎の名店へ初上陸 坂本屋 長崎にて

卓袱料理。敷居が高過ぎて、なかなか一人で行く機会もないですよね。
しかも、付き合ってくれる同僚も中々居ないんですけども、やっと行けました。
念願の卓袱料理、念願の坂本屋。

f0005799_00383271.jpg
ひろーい、まさに料亭という佇まいです。そんななかの一室に通されます。
f0005799_00383234.jpg
きっと、夜は誰かが宿泊しているだろう場所です。なんだか、密会、という感じ。
そして出てくる料理は、こちらです。

f0005799_00383354.jpg
f0005799_00383329.jpg
f0005799_00383326.jpg
f0005799_00401199.jpg

名物の角煮。こちらで言うところの、トウバニ、です。

f0005799_00383361.jpg


f0005799_00383385.jpg

柔らかく、食べやすい。とろける様な食感は見た目にはそぐわない・・・。
料理の食べ方から、色々と指導があります。
f0005799_00383242.jpg
f0005799_00383290.jpg
ただ、こちらからの質問には、一切、答えないという、そんな接客も老舗ならでは。
会計時に大広間から聞こえてくる宴会の音。聞くと、昼から芸者を呼んで、宴会だとか。
さすが、老舗は、なんだかすごい・・・。


[PR]
by nky1978 | 2013-09-03 12:37 | ながさき
<< あのロイヤルパークのブッフェ ... 地元民からは評判イマイチ? 吾... >>