カテゴリ:ながさき( 46 )

小浜ちゃんぽん初経験 万福食堂 小浜にて 

しかし、年末、もう30日だと閑散とするんですかねぇ。
商売っ気が無いというか。この日は、この店にたどり着くまで、
4件くらいに振られました。みなさん、お休み。。。田舎って、そんな感じよね。
f0005799_0475294.jpg

ここのお店も、、、なんだか商売っ気が無さそうな感じ。
でも、温かく迎えてくれました。親子でやっているのか、ほのぼのとした感じ。
小上がりは、配達されてくる新聞とそこに挟まれていた広告が山積み。
ちゃんぽんは、、、なんだか少し冷めていた気がするなぁ。気のせいかな。
魚介の多さはさすが!という感じでしたが。
f0005799_048352.jpg

[PR]
by nky1978 | 2014-12-30 12:44 | ながさき

あの長崎の名店へ初上陸 坂本屋 長崎にて

卓袱料理。敷居が高過ぎて、なかなか一人で行く機会もないですよね。
しかも、付き合ってくれる同僚も中々居ないんですけども、やっと行けました。
念願の卓袱料理、念願の坂本屋。

f0005799_00383271.jpg
ひろーい、まさに料亭という佇まいです。そんななかの一室に通されます。
f0005799_00383234.jpg
きっと、夜は誰かが宿泊しているだろう場所です。なんだか、密会、という感じ。
そして出てくる料理は、こちらです。

f0005799_00383354.jpg
f0005799_00383329.jpg
f0005799_00383326.jpg
f0005799_00401199.jpg

名物の角煮。こちらで言うところの、トウバニ、です。

f0005799_00383361.jpg


f0005799_00383385.jpg

柔らかく、食べやすい。とろける様な食感は見た目にはそぐわない・・・。
料理の食べ方から、色々と指導があります。
f0005799_00383242.jpg
f0005799_00383290.jpg
ただ、こちらからの質問には、一切、答えないという、そんな接客も老舗ならでは。
会計時に大広間から聞こえてくる宴会の音。聞くと、昼から芸者を呼んで、宴会だとか。
さすが、老舗は、なんだかすごい・・・。


[PR]
by nky1978 | 2013-09-03 12:37 | ながさき

駅弁でもトルコライス 長崎駅 長崎にて

長崎駅って、すごい小さい駅なんですよね。古いし、商業施設が出来たけども、
駅自体の施設は古いまんまです。各駅の充実度の指標として、個人的に考えているのは、
やはり、駅弁関係の充実があると思うんです。官民一体となった盛り上がりを、
私は駅弁から感じるんです。長崎は・・・、うーん、いまいち。
f0005799_22281957.jpg

トルコライス、まぁ、この絵通りに中身があれば、許せるんだけども、、、
f0005799_22294878.jpg

全然ちゃうやんか・・・。(笑)
しかも、温めてくれたんですが、それもちょっと中途半端で・・・。
良い思い出になりました。
[PR]
by nky1978 | 2013-02-06 20:27 | ながさき

長崎の締めといえば、ここ 思案橋ラーメン 長崎にて

最後の締めは、ラーメン。なんでもいいって訳じゃないですよね。
やはり、長崎の締めは思案橋ラーメンです。
f0005799_2224462.jpg

かの長崎の有名人、福山○治氏も正月の帰郷の際は必ず訪れるそうです。
なので、店内には、複数の彼の来店を証明するかのようなサインの数々。
しかも、大河共演者のサインも複数ありました。写真は撮れず。
f0005799_22261058.jpg

注文したのは、爆弾ちゃんぽん。爆弾、それはニンニクの塊です。
平日、仕事が翌日に控えている人は、本来、避けたほうが良い一品です。
翌日の朝まで、すさまじい濃さのニンニクが、口の中を席巻します。
ただ、とろーっとしたスープに、ちゃんぽん麺、具材の数々。
長崎に来たなぁと実感できる一品です。
[PR]
by nky1978 | 2013-02-05 22:20 | ながさき

長崎といえば、やはりここ 雲龍亭 長崎にて

長崎に来ると、無性に食べたくなるもの。やっぱり、一口餃子ですよね。
軽く一杯って気分だったので、こちらにお邪魔しました。
f0005799_222706.jpg

一人前の一口餃子。小ぶりなんだけども、それなりのボリュームなんです。
f0005799_22263596.jpg

食べてしまうと、具材がたっぷり入っているからですかね、メニューが
あんまり多くは無いですけど、2階では宴会もされているくらい、繁盛してました。
ちなみに、長崎では、「一人前」を「ヒトリマエ」って言うみたいですね・・・。
九州が、そうなのかな。
[PR]
by nky1978 | 2013-02-05 20:24 | ながさき

長崎製菓の名店 梅月堂 長崎にて

数ある長崎名物でも、その存在感は一際大きい、シースケーキ。
その名の由来は良く分からんが、長崎名物の枇杷を使った有名な洋菓子。
伝統ある梅月堂にて作られているケーキ。
以前から、食べたかった一品だが、やっとこさ、購入できました。
f0005799_1152154.jpg

さすが、シュガーロードの終着点。
色合いの美しさ、枇杷の色艶。クリーム。
なんだか、今どきのパティシエでは作り出せない、昔ながらのコテコテの手作りケーキといったところ。
f0005799_1153116.jpg

[PR]
by nky1978 | 2011-01-20 14:04 | ながさき

がんばれ!B級グルメカレー ペーパームーン 大村にて

長崎のB級グルメといえば、いくつか出てくるものだが、最近、町おこしの一環として
その名を広めているのが、この大村の大村黒カレー。
大村は、日本のカレー発祥の地といわれている。
その昔、歴史の教科書にも出てくる少年遣欧使節団が日本で始めてカレーというスパイスを
日本に持ってきたらしい。そのため、発祥を名乗っているのだとか。
ちなみに、私の記憶が正しければ、その町おこし活動の中心となっているお店が、ここの店。
ペーパームーンです。大村ICからほど近くなので、車で観光するときの便は最高。
f0005799_1133497.jpg

大村の黒土に似せた黒いルー、甘みがアクセントになっている、にんじん。
f0005799_1121422.jpg

そして、大村の名物?であるホルモン「とんちゃん」もトッピング。
昔は、このエリアで良くホルモンは食されていたらしい。
f0005799_1134692.jpg

ちょいと、辛い感じと甘い感じが、絶妙のコンビネーション。
と、思いきや、若干、辛めのスパイスが優勢か?
最近は、いろいろなメディアにも取り上げられているということもあり、
11時の開店から、店の中は、やや混んでいる状況。引き続き、その名を全国に馳せて欲しい。
しかし、カレーで天下を取るのは難しいのでは。。。
[PR]
by nky1978 | 2011-01-20 11:01 | ながさき

食べるミルクセーキ発祥のお店 ツル茶ん 長崎にて

以前、ご紹介した九州最古の喫茶店のツル茶ん。
http://nky1978.exblog.jp/9053691
トルコライスの発祥の店とかっていう噂もあるが、
このミルクセーキの発祥の店でもあるという噂がある。
噂というのも、確かなことは、だれも分からないそうです。
そもそも、ミルクセーキというのを、私は知りません。ここのミルクセーキ、
というか、長崎のミルクセーキというのは、シャーベット状になっているのが特徴。
通常は、飲むものらしい。知らない・・・。
f0005799_20121157.jpg

練乳やらを使った味なのだが、、、味は正直、微妙。(笑)
まぁ、地元の伝統的な味なので、OKでしょう。
しかし、チリンチリンアイスといい、デザート系は、味が薄いのか?長崎は。
f0005799_20121811.jpg

[PR]
by nky1978 | 2010-05-09 12:10 | ながさき

長崎の名物デザート ちりんちりんアイス 長崎にて

長崎市内でも観光名所と言われるエリア3つに屋台を出しているらしいんです。
ちりんちりんアイス。名前の由来は、言わなくても分かるでしょうが、
屋台を引くときに鳴らす鈴の音。
f0005799_1735974.jpg

味はバニラ。器用にバラのような模様に盛り付けするおば様。
アイスのようだが、シャーベットの食感。しかも、水増しされている感じで、
味自体は、やや薄め。言われてみると、、、バニラなのだが。
名物ってことで、まぁ、いいでしょ。
f0005799_17351664.jpg

価格は100円。高いのか、安いのかは、、、謎。
個人的には、観光地での価格としては、適正なものと思うけども。
[PR]
by nky1978 | 2010-04-09 14:32 | ながさき

真のちゃんぽん発祥のお店 四海楼 長崎にて

ちゃんぽん発祥の店は、諸説あるのだけど、この店が有力っぽい。
四海楼。中華街から、ちょっと離れたところにあるのだが、その佇まいは、
もはやホテルの様。場所はグラバー園の入り口付近。この建物からすると、
相当、儲かっているのが伝わってきます。
f0005799_172015100.jpg

この日頼んだのは、皿うどん。皿うどんと言うと、乾麺をイメージする人が
多いと思うんですが、発祥の皿うどんは、乾麺では無いんです。
f0005799_17203080.jpg

しかも、あんかけっぽくないタレ。掛かっているのはスープですね。
魚介もたっぷりで、だしもよく取れています。
長崎市内で食べるちゃんぽんの中では、抜群にうまい!
発祥の店とか、調子に乗って味とかのコダワリがなくなってたりする印象が
あるんですけど、、、この店は、まだがんばっている感じ。
f0005799_17203782.jpg

ガラス張りの店内から見る景色も絶景。稲佐山が見えます。
f0005799_17204376.jpg

観光客も多く、ツアーっぽいお客さんが多かったです。11時半の開店と同時に
入ったつもりが、窓側は、ほとんど埋まっていました。グラバー園のそばで、
ちゃんぽん発祥のお店、しかも、2Fにはちゃんぽんミュージアムもあるんです。
ツアーの途中に組み込まれるのも当然ですな。
[PR]
by nky1978 | 2010-04-09 12:17 | ながさき