<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

初体験えびしおラーメン 潮風 鹿児島にて

鹿児島天文館は、九州でもトップクラスのラーメン激戦区。
そんな中に、2009年末くらいにオープンしたのが、このお店「潮風」。
一見すると、店舗が新しいこともあり、最近出来たチェーン店かな?くらいな
感じ。店からは、おいしそうなオーラを、残念ながら、あまり感じません。
f0005799_12255286.jpg

ここのえびしおラーメンが絶品との情報があり、まぁ、なんでも挑戦と思い訪店。
お店の中に充満する、海老の匂い。そして、登場するラーメンからも、
とんでもない海老の風味が。スープからも、しっかり海老の味が。
f0005799_12271623.jpg

えびも目視で確認できるサイズ。しかも、結構な量です。
f0005799_12272684.jpg

鹿児島ラーメンのイメージと言うと、とんこつににんにく臭が広がって、、、
というイメージでしたが、そのイメージを大きく覆す味、なにより、うまい。。。
胃腸の弱っている人にはお勧め!
[PR]
by nky1978 | 2010-03-31 23:24 | かごしま

ナミダの肉うどん 基山PA 基山にて

SA/PAの店で、九州では圧倒的な知名度を誇る、基山PA。
なんてことはない、ただのSAの食堂。しかも、この日は、
建て替え中で、プレハブである。
f0005799_23234095.jpg

なにが有名なのか分からないですが、SAというと、若干、
通常の店舗より高いイメージがあると思うが、ここはそんなことはない。
一杯400円。注文後、手際よく作られる肉うどん。
若干、肉の量も多いか。そして、そのつゆは、やや脂っぽいが、
味は濃い目でいて、さっぱりした印象。
f0005799_23252722.jpg

車の移動で、時間が無く、でも、おいしいものを安く食いたいときは、お勧め。
ここのPAで食べたい!という欲求が募ったのは、以前、SA等に置いてある
フリーペーパーの記事を読んだから。短い文章であったが、感動的な家族物語。
発券機そばで、切抜きがあるので、ぜひ、読んでいただきたい。
[PR]
by nky1978 | 2010-03-31 12:09 | ふくおかけん

繁華街にあったのに 川端うどん 博多にて

もはや、川端ではないのに。その名も川端うどん。
以前は中州川端にあったこのお店、家の近所に移転しているので、
小腹がすいた夜にお邪魔してまいりました。
f0005799_20592937.jpg

さすがに、やや住宅地・オフィスのエリアなので、夜は閑散としたもの。
入店したものの、なんだか店員の反応はイマイチなものでした。笑
注文したのは、もちろん、ごぼ天うどん。
数分で登場したうどんは、通常のうどんとは、ちょっと違ったもの。
きしめんのごとく、薄い麺。固さは、まさに九州のうどんといったところだが、
形が違うゆえ、食感がちょっと違った感じ。
f0005799_20593779.jpg

店の隣は、同じ系列と思われるもつ鍋屋も。
川端エリアからの移転で、恐らく客層やピークの時間帯も大きく
変わっているだろうに。中州での営業に疲れてしまったのでしょうかね。。。
[PR]
by nky1978 | 2010-03-30 20:56 | ふくおかし

もつが、こんなにうまいとは もつ焼塩田屋 春吉にて

もつ。福岡に来て、圧倒的に触れる機会は増えたのだが、
その奥の深さ・真髄を知ることが出来ました。もつ焼塩田屋。
目印は、かわいい豚の提灯。
f0005799_12412459.jpg

もつというと、もつ鍋に入っている、数種類くらいのもつを想像すると思います。
しかし、この店は、もつにこだわり、もつだけでメニューを構成しているのです。
その数、数十種類(推定)。カウンターのみの狭い店内ですが、オーダー後、
丹念に焼き始める大将の姿を見ると、その数十種類でまわすのに、適正な
サイズの店であることが分かります。
なんていうメニューか忘れてしまった、、、
しかし、どれも脂の乗り方や、うまみがたまりません。
f0005799_12383911.jpg
f0005799_12385138.jpg
f0005799_1239131.jpg

これは定番でしょう、もつ煮込み。本格的です。ごぼう、まじで旨い。
f0005799_123912100.jpg

ここは、レアもつを使っているんですが、価格も結構、良心的。
もつ嫌いの人も、好きになってしまう店かもしれません。
[PR]
by nky1978 | 2010-03-12 20:29 | ふくおかし

大分で、過去最高の讃岐うどん へんろみち 大分市内にて

立地的に、四国と大分ってのは、フェリーでもつながっていたりして、
人の往来も結構、多いのです。でも、なぜ大分の繁華街のど真ん中に、讃岐うどん屋が、、、
行ってみると、よく分かります。確かに、うまい。へんろみち。
f0005799_1216260.jpg

九州のうどんは、どちらかというと麺のコシが非常に柔らかいのが特徴。
そんな中で、このコシの強さは、かなり異質と思われます。
九州のうどんに慣れている私も、ものすごく新鮮に感じました。
注文したのは、とり天ぶっかけ。大分名物のとり天と、讃岐のうどん。
とり天もうどん屋が片手間で作っているものではありません、外側サクサク、
内側は柔らかく、なかなかの味。そして、そこに、コシの強い麺。
量も結構、あったのですが、あっという間に食べることが出来ました。
f0005799_12193089.jpg

この立派な形をした麺、コシの強さは、かなりのものです。
f0005799_12193937.jpg

香川県外で食べた讃岐うどんでも、過去最高。香川でも十分、通用するのでは?
ぜひ、行ってみてください。
[PR]
by nky1978 | 2010-03-11 21:14 | おおいた

まさに俺のハンバーグ 山本 恵比寿にて

俺のハンバーグ 山本。
恵比寿駅から、ちょっと離れてはいるが、芸能人も、多数通うハンバーグの専門店。
時間帯も、夜は深夜まで営業を行っている。
締めといえば、ラーメンだが、なぜだか、この日はハンバーグ。
f0005799_10391692.jpg

店の内装は、とてもハンバーグ屋とは思えないもの。
インテリアにこだわっている感じで、席もソファーとか。
夜、飲み会後に来たら、確実に寝てしまう。
注文はもちろん、俺のハンバーグ。
数分後に登場する俺のハンバーグは、熱々の蒸気を放出している。
一見、量はそんなにないのかなとも思いますが、そんなことはない。
ハンバーグって、見かけによらずボリューム満点。
f0005799_10431354.jpg

あふれ出る肉汁。たまらんです。
f0005799_10432929.jpg

そしてハンバーググラタン。胃にはきついけども、あつあつのソースは
これまた絶品でした。
f0005799_10433713.jpg

しかも、こちらはたしか、ご飯のおかわり自由。
満腹のお腹と格闘しながらも、ハンバーグに掛かっていたソースを掛けて食べる
ご飯も、これまた絶品。食いすぎで、翌日、胃がもたれること、間違いなしです。
[PR]
by nky1978 | 2010-03-05 21:37 | とうきょう

やっぱり定食はいいね。 一やのごはん 春吉にて

やっぱり、定食って素晴らしい。ごはんに味噌汁、そしておかず。
日本人に生まれてよかったと思えるのは、まさにこの定食があるからこそ。
そんな思いを再実感させてくれた店が、このお店。
f0005799_10434523.jpg

名前は知っていたのですが、偶然、通りかかったので行って参りました。
店内は、ちょっと暗い雰囲気。
11時半を回ったあたりだが、すでに客は半数の入り。
12時になるころには、満席であった。
カウンターに座り、本日のお勧めを確認。トンカツ大ということで、トンカツ大を注文。
ちょっとの待ち時間があったが、なんだか雰囲気があるお店の
待ち時間って、許せてしまう。
そして、登場。トンカツ!!画像右上にある、トンカツソースも、
一風変わった味。付けると、トンカツがまた違った味わいになる。
f0005799_10464522.jpg

デカイデカイ。これで800円とかの値段なんだから、かなりお得。
しかも、肉の厚みは、とんかつチェーン店のランチと比べると、大きな差。
さすがの私も、あまりの量に、食べきるのに、かなりの時間を要してしまった。
f0005799_10465660.jpg

調べてみると、ここはチキン南蛮や、から揚げが有名らしい。
事前にもっと、情報を集めておくべきであった。。。
ココらへんは、割とワンルームマンションやら、最近、再開発が
進んでいるエリア。そんな一人暮らしの若者?たちのオアシスと
なるお店であろう。
[PR]
by nky1978 | 2010-03-04 11:40 | ふくおかし

県庁侵入取材 シェ出島 長崎にて

しかし、食堂という仕組みは素晴らしい。安い・・・。
しかも、その安さで、一級品の味わいだったら、なおさら。
シェ出島。ここは、県庁地下に位置する、
長崎の有名なレストランチェーンが経営している、県庁の食堂。
県庁職員以外でも利用できると聞いてはいたが、それでも単独潜入は緊張する。
f0005799_7473495.jpg

食堂ならでは?の食券制、カウンターで食券提出後に、メニュー登場。
もちろん頼んだのは、長崎名物のトルコライスである。
f0005799_7491056.jpg

食堂とはいえ、有名なチェーンの料理。500円という価格は、
品質への疑いを持ってしまう価格帯とも思えるが、一見したボリュームは合格点。
さすがに回転率を上げるために、ある程度の作り置きは覚悟しているが、
ナポリタン・ライスは、それなりの味。とんかつの厚みもなかなかのもの。
この値段で、この味、十分なもの。メニューの豊富さも、魅力。
今度は、違うメニューに挑戦したい。
f0005799_7491747.jpg

食堂、うらやましすぎる。
[PR]
by nky1978 | 2010-03-02 11:43 | ながさき