ざる豆腐! 伝統の奥深さ 川島豆腐店

豆腐。豆腐を目的に、どこかに食べに行くことってないでしょう。
でも、食べに行かなければならないだろう理由がそこにはあった。。。

川島豆腐店。

そこは、ざる豆腐の商標を持つ、いわゆる発祥のお店らしいのです。
しかも、調べてみたら、お店の内部で、朝8時と昼12時から、飯が食えるらしいのです。
そんな話を聞いたら、行かないわけにはいかないですよね。。。

ってことで、行ってきました。
朝6時におきて、唐津まで。。。

お店は駅前の商店街の中にあり、
大きな店を想像し、かつ、駐車場があると予想していた私はちょっと、計算違い。
中は落ち着いた雰囲気。
しかも、カウンターのみ。なんか、好みの雰囲気でした。
f0005799_14314127.jpg

f0005799_14312211.jpg


そして、頼んだ注文は2,000円のコース。
豆腐だと思って、ちょっと舐めて掛かりましたが・・・、
結構な量でした。。。

まずは、ざる豆腐。
山盛りのざる豆腐。こんなでかい塊ははじめてみた・・・。
f0005799_14315638.jpg

店員さんが、「塩も、しょうゆも使わずに食べてみて下さい。」というものだから、
食べてみましたが、確かにうまい。大豆本来の味というのか、深みのある味でした。
f0005799_14322067.jpg



そして、揚げ豆腐。
これが、絶品でした。普通って、衣は柔らかいのが普通なイメージでしたけど、
ここのは、しっかりと揚げた感じで、厚い衣で、さくさくとした食感。おいしかった。。。
f0005799_1432409.jpg


そして焼き魚。
f0005799_14325539.jpg

味噌汁。
f0005799_1433145.jpg

豆腐と麦。
f0005799_14363113.jpg

デザートは、豆乳のプリン。
f0005799_14341286.jpg


いやぁ、なにが素晴らしいって、そんなうまい豆腐を
出し惜しみすることなく振舞うところ。ざる豆腐、おかわりOKだったんです。
3杯してしまった。。。しかも、揚げ豆腐なんて、手間掛かるのに、これもおかわりOK・・・。
別の客は豆乳のおかわりもしてました。。。いやぁ、すばらしい。

途中、トイレに行った際は、奥の豆腐を作っているところも、ちょっとだけ見えましたが、
朝早くから、作られている豆腐だから、朝に食べるのがGOOD。しかも、いつも、朝は、
割と空いているみたい。

ぜひ、呼子のイカと絡めて、唐津・呼子の食ラインは、ぜひ、堪能してほしい!
f0005799_1434322.jpg

[PR]
# by nky1978 | 2008-08-15 08:00 | さが

九州ラーメン総選挙3位! ちゅるるちゅーら

ちゅるるちゅーら。
たまーに、この道の前を通ることはあったんだけれども・・・、
なんだか、その白い壁面を見ると、なんだか怪しい気がして。。。

九州ラーメン総選挙でこのお店を見たときの驚きようたるは・・・。

f0005799_22223272.jpg
f0005799_22224310.jpg


お店は結構な混みよう。
お盆ってことで、帰省していた人が多いのか。
f0005799_22225467.jpg


この見た目の濃さ。(笑)
頼んだのは、「トンコツ男味・チャーちゅるにたまご入り」
f0005799_2223595.jpg


けっこう、角度の深い器。。。
ボリューム的には、ちょっと不満を感じてしまうかも?
f0005799_22231626.jpg


しかし、この味。東京で食べたことがあるかも?って感じの味。
胃もたれもしなさそう。チャーシューもやわらかく、食べやすい味。
なかなか良かったです。
[PR]
# by nky1978 | 2008-08-13 13:23 | きたきゅうしゅうし

ミサロッソ パワフルな佐世保バーガー

ミサロッソ。
佐世保市が作るハンバーガーマップのトップにあるお店。
自然と名前だけは覚えていたのだが、なかなか行く機会に恵まれなかった。
と、いうのも、市街地からビミョーに離れた位置にあるのよね。。。

車がなかったら、ちょっと不便かも。
ってか、周りになにもない。
それだけ、もともと地元に根付いた喫茶店とかだったんだろう。

名前の由来は、どうやら店主が「ミサコさん」「ミサエさん」とかだったっぽい。

なんか、名前からもっとオシャレな店を勝手にイメージしてたけど・・・、
到着してみたら、本当に地元のお店って感じでした。(笑)
お店も、家族経営なのか、夏休みっぽい少年がお手伝いをされてました。
雰囲気は、なかなかよいです。変に観光地っぽくなく。
f0005799_18133984.jpg


頼んだのは、一番のお勧めらしい、「ジャンボロッソ」
まぁ、とにかくでかい。しかも、バンズを2分割してるちょっと変わったスタイル。
f0005799_18152583.jpg


しかも、ジューシーで、中身もたくさん入ってる。
味もしっかり、ソースもしつこくなく、問題なく絡み合ってる!
f0005799_18161284.jpg


セットで頼んだポテトは、コショーと塩が割りと大量に掛かってたのは、
人によっては、きついかもしれないけど、個人的には大好きな味。。。

ちょっと、値段は張り@950でしたが、まぁ、味と価格のバランスを考えると、
まったく問題ない範囲!まんがの品揃えも最高でした!今後もひいきにしたい店舗です!
[PR]
# by nky1978 | 2008-08-05 12:24 | させぼ

別府 老舗の洋食屋の味 グリル三つ葉

以前、大分在住の方に連れて行ってもらったことがあるんです。
別府のお勧めの店「グリル三つ葉」
豊後牛とかのステーキが有名らしいんですが、ほかにも洋食系は、
地元の方からも強く支持されているみたいで。

ただ、以前、3連休中に行ったときの接客がものすごく悪くって、、、
正直、有名店じゃなかったら、2度と行かないぞ!って思うような感じのところ。

「予約で一杯です。」
「待てば入れますか?」
「さぁ。」
みたいな、感じ。まぁ、地方の有名店って、こんなもんかも知れませんけど。。。
でも、良いんです。有名で、売れているんだったら。そんなもんでしょ。

場所は、別府の商店街から一本、それたあたり。
夜になると、、、あんまり治安が良くなさそうなエリアのそば。
f0005799_14311232.jpg


そして、頼んだのは・・・、鳥天定食!!
f0005799_14313054.jpg


ボリューム満点の鳥天たち。
まぁ、値段も非常にボリューム満点(1,050円)なんですけど・・・。
f0005799_14314273.jpg


しかし、、、
味は確かです。ここ。
厨房は非常にレベルが高いんでしょうねぇ、素材ももちろんよいのかもしれません。
歯ごたえ、衣と中身の食感に全くの違和感がなく、おいしくいただくことができました。

しかも、掛かっているソース?が非常に味の幅を広げている感じで、好印象。
からしを付けても、GOOD!
調子に乗るのも、分かる感じ!一度くらいは、その接客と、この味。堪能してください!
f0005799_14315367.jpg

[PR]
# by nky1978 | 2008-07-30 14:19 | おおいた

福岡人お勧めの店! 京風もつ鍋 越後屋

京風もつ鍋って聞くと、せっかく福岡に来て、なんだよ、それって、
最初は、そう感じたんだけど、、、味は確か。簡単に言うと、京都の味噌を
使ってますってところなのかな。ただの味噌味です。
ここのお店は、3回目くらいなんだけど、
1回目・2回目は非常に好印象だったのよね。
しかし、、、3回目に行ったとき、ものすごくスープの味を薄く感じたんです。
あれ、こんなにまずかったっけ?このお店って。
一緒に行った東京の人らは、うまいうまいと、食ってはくれたけど、
本当は、もっとうまいはずなのに!それとも、まずくなっったのか?
そんな謎を胸に、4回目の挑戦!
場所は、博多駅から徒歩5分くらいのマンションの1F。
f0005799_14444230.jpg

もつ鍋は、味は一種類しかないのよね。もちろん、味噌味。
綺麗に、ニラが並んだ姿は、非常に神々しいのだが・・・。
f0005799_14445621.jpg

このお店で一番すきなのは、、、もつとかではなく、揚げ豆腐。。。
f0005799_1445778.jpg

中に入ってるんです、柚子胡椒。。。たまらん。
f0005799_14452637.jpg

結果的に、やはりうまいです。このお店。
最後のちゃんぽんを食べているときに気づいたんですが、
前回のまずかったときは、ちゃんぽん用にちょっと薄めたスープが入っていたんです、
きっと。そう考えると、非常に納得がいく味の薄さだったのです。。。
f0005799_1445161.jpg

ってことで、まずい!と感じたら、それは店のミスのはず。
博多人からも、愛されるこのお店。間違いはありませんぜ!
[PR]
# by nky1978 | 2008-07-25 17:48 | ふくおかし

土曜丑の日 福岡 柳川屋

土曜丑の日。
丑の日と言えば、うなぎ。
いやぁ、年間でうなぎを食べたいと思うのって、この日くらいですよね。
うまいこと、作られた日ですね。なんか、江戸時代の発明家?の平賀源内が
作った日とか、そうでないとか。
今日は、暑い猛暑の中、精をつけようと行って参りました!
中洲の柳川屋。なんだか、有名なお店らしいのです。
しかし、中洲という場所は、オフィスがないんです。
行くまでに通り過ぎた店の大半が、列を成してたのに対して、
周辺の環境のせいか、お店の前に列はなく、店に入ったら、すんなり2階へ通されました。
f0005799_13323553.jpg

そして、迷うことなくうな重・特を注文。
待つこと、数分。キター、これが柳川屋のうな重!お小遣い制の私には厳しい出費・・・。
2,730円・・・。その重厚感にあふれた佇まい。
f0005799_13213150.jpg

光り輝くうなぎちゃん。。。
f0005799_13215086.jpg

お吸い物も、うまーい。
f0005799_13224621.jpg

お米も光り輝いています!
f0005799_13185213.jpg

うなぎ、うまいねぇ。
この日が一番、うなぎ屋が儲かる日なんだろう。
うまいこと乗せられている自分が悲しくもなるけど、
そういうときは、なにも考えず、乗せられていると一番、幸せですね。。。
まぁ、一年間はうなぎ、食べませんし・・・。
[PR]
# by nky1978 | 2008-07-24 13:00 | ふくおかし

銀河のちゃんぽん その味は、まさに銀河!

なんだかんだと、この店。
九州に転勤した当初、テレビと社内の噂を聞きつけ、
結構な回数、食べに行ってるんですよねぇ~~
数年前に、代替わりしたらしく、味が変わったという話も聞きますが、
関係ありません!うまいものはうまいんです。私のちゃんぽん好きは、
まさにこの店が原点。
f0005799_11165150.jpg

他の店との大きな違いは、なんと言っても、から揚げ。。。
鳥でスープをとり、残った肉でから揚げ。まさに、鳥の隅々まで、
そのうまさを堪能できる、素晴らしいお店。
f0005799_11174184.jpg

f0005799_1131241.jpg

しかも、この日は、開店後すぐに入ったので、手羽先のサービスも。
f0005799_11193510.jpg

観光するところもなく、みんな、なんでこの場所に来るんだろうというくらい、
お客も入って、賑わっているこのお店。北九州エリアに行かれた際は、ぜひ、
いかれてください。
[PR]
# by nky1978 | 2008-07-16 11:12 | きたきゅうしゅうし

アホロートル、どんな意味?別府の老舗の喫茶店?

別府に行って参りました、サッカーを見に。。。
本当は、洋食屋として有名な、グリル三つ葉に行こうかなぁって、
思ってたんですけど・・・、有名店だからこその態度の悪さに・・・。

ってことで、思いついたのが、なんだか古い旅館を改装した、
ちょっとおしゃれな喫茶店があるって、聞いてたんです。ってことで、
行ってきました。
f0005799_14574552.jpg


たしかに、趣のある佇まい。。。
そして、中に入ると、靴を脱いで、上に上がれって指示が・・・。
注文の多い料理店か???
f0005799_1458426.jpg


中に入ると、非常に感じの良いお姉さん?が登場。
そして、なんだか部屋に通される。畳の部屋と洋風の部屋の2部屋で
営んでいて、かつ、席数も少ないのだが、非常に雰囲気が良い。落ち着くのである。

料理は、カレーとかサンドイッチとか、ちょっと少なめ。
野菜カレーと普通のカレーを注文。

ちょっと、からかったけど、なんだか健康によさそうなカレー。
味もジューシー?で、手作り感が非常に伝わってくる一品。
f0005799_14585326.jpg


野菜カレーは、見るからに健康そうなカレーライス。夏野菜をふんだんに使ってます。
f0005799_1459255.jpg


他に絞りたて?のジュースを頂ました。
旅の途中で、あんまりゆっくりはできなかったけど、(それでも、1時間くらいはいた・・・。)
非常に落ち着く雰囲気。仕事の途中とかで立ち寄っても、ぜんぜん、よさげな雰囲気。
別府に残る、昔情緒をいかした、すてきな喫茶店。しかも、旅関連の本が
いっぱい置いてあったので、旅の途中に立ち寄るのにも最適かも!
[PR]
# by nky1978 | 2008-07-12 14:55 | おおいた

讃岐の味 福岡麺通団

麺通団って、ご存知ですか。
まぁ、僕も詳しくは知らないんですけど・・・、
なんだか、讃岐うどんを愛する人々が、結成して、
全国にその味を広めているらしいんです。

以前の讃岐うどんブームは、まさに彼らが中心だったとのことなのですが、
そんな彼らの店が、博多にあるんです。

讃岐うどん、縁があって、ここ数年で2回くらい香川に実際に行って、
食べるという機会に恵まれています。博多で食べる讃岐うどんは、果たして・・・。
そんな期待感を胸に飛び込んできました!


場所は、福岡の中心地・天神から、ほんのちょっと離れた、
ちょっと、落ち着いた雰囲気も微妙にかもし出ているエリア。
ガードレール下に店を構えています。

f0005799_12464099.jpg

車で行くと、ちょっと駐車場に困るような場所でした・・・。

入店したのは、ちょっとお昼になる前だったのですが、
割と閑散とした、人の入りでした。

入店後、ちょっと勝手が分からなかったのですが、
左手側でうどんを作っている、コワモテのお兄さんに、「ぶっかけ大」を注文。
f0005799_12494437.jpg


その間、てんぷら等のサイドメニューを吟味。
f0005799_12534162.jpg


卵天・キス天・鳥天を皿に乗せ、うどん待ち。
少々、お待ちくださいねぇ~って、待つこと10分弱・・・。
うどん登場!
f0005799_12551142.jpg


麺類って、最近、特にとんこつ細麺に慣れたせいか、すぐに出来上がる
イメージだったのですが、食べてみて、待った理由が良く分かったような気がしました。。。

腰ありすぎ。

なんか、食べてて疲れるくらい、腰があり、非常に満腹中枢が出てくるのが
非常に早いんです。。。大と、サイドメニュー3品は、ちょっと量が多かったかも。
そんな後悔も、若干しつつ、完食!!

また、食べたい!っていう気分にはならなかったですが(笑)、
なんだか、讃岐で、またうどんが食べたい!そんな気分になるお店でした。
なんのこっちゃ・・・。
[PR]
# by nky1978 | 2008-07-10 12:59 | ふくおかし

錦寿司 釣りバカ日誌も愛した寿司 佐伯

寿司。
九州に来るまで、まったくもって食べたいとも思わなかったもの。
記憶にないくらいの時期は、よく高いネタを食べていたらしいのだが、
物心が付いてからは、エビや卵しか頼まなかった安上がりな親思いの人間だったのですが・・・、
やはり、本当にうまいものって、人間の好き嫌いを超越しているんですね。。。

出張で行った、大分の佐伯。福岡から3時間のこの宮崎との県境。
以前は、釣りバカ日誌のロケも行われた、釣り・魚好きにはたまらないエリアらしい。

そんな、のんびりと福岡から3時間、電車に揺られて行った。
交通手段は電車だったので、自由は利かない。
しかし、事前の情報では駅の周りには、なにもないということ。
まぁ、そんなことはないだろう・・・、と思って舐めて掛かっていたら・・・、
やはり、何もない・・・。

困り果てた私は、駅にある観光案内所へ。

佐伯名物は、魚とごまうどんとのことだが、
駅から歩いていけるエリアには、ごまうどん屋は、全くないということ。

寿司に対する、多少の抵抗感があるものの、
食わずには、商談は乗り越えられない!と、いうことで意を決して
飛び込んだのが、錦寿司!駅から歩いて8分・・・。
f0005799_22161970.jpg


入ってみると、駅から店までの閑散とした雰囲気とは打って変わって、
大盛況。サラリーマン風の人から、地元の人まで、座敷もカウンターも
ほぼ満杯。にぎわってる。そして、カウンターの奥を見ると、いくつも飾ってある
写真にサイン・・・。釣りバカ日誌から、おいしんぼの作者のサイン、そしてさらには、
カタールだか、どっかに握りに行った際の写真。そして握った人は、アラブの国王様。
なんという名店じゃないか・・・。

値段は・・・、まぁ、確かに少し高め。
並にぎりで1,200円。まぁ、いいじゃないか、たまの佐伯。たまの寿司。
出張旅費も多少は出る。

勇気を持って頼んでみると、出てきたのは・・・、光り輝く寿司たち。
ボリューム満点!
f0005799_22162935.jpg


光り輝くネタたち!
f0005799_22163878.jpg


厚み・大きさ、かつて食べたことのないレベル。
そして、やはり新鮮なネタなのか、生臭みは全くない!!
これが寿司の最高品質か!?

聞けば、漁港はすぐそば。
まぁ、わかる。

職人さんたちの、気さくな人柄もあって、店内の雰囲気は非常に活気がある。

しかし、こんな寿司を普段から食ってる人は、首都圏に行ったら、絶対に
生きていけないな・・・。
[PR]
# by nky1978 | 2008-07-04 12:04 | おおいた