人気ブログランキング |

大分の隠れた?名物琉球丼 二代目与一 大分にて

琉球丼って、ご存知ですか。
私も、大分を担当するまで、まったく知らなかった料理です。
そして、なぜ、大分なのに琉球なのか??意味不明でした。
なんでも、板前さんに聞いたところ、琉球というのは「漬け」の意味らしく、
大分では、琉球という言葉は広く一般的に使われているんだとか。
そんな琉球丼を古くから扱っているお店が、こちらの二代目与一。
f0005799_23464175.jpg

広いアーケード街の外れにあるお店で、割烹・料亭風だったけど、
店内はちょっと広めで、定食屋の風情。カウンター内には、恐持ての
お兄さんが不愛想に接客をしてくれます。そして、ためらいもなく
琉球丼を発注。カウンター越しに丁寧に一枚一枚、包丁を入れ切っていく、
そんな丹念な作業を目にしながら、こちらが琉球丼!
f0005799_23465894.jpg

すごい。刺身が絨毯のように敷き詰められている。
普通の鯖と関サバが混じっているらしいけど、まぁ、どれも同じ味に感じます。
どれも、うまいんです。酢飯?だから、なんだかさっぱりしていて、食べやすい。
1,500円とさすがの単価だけど、十分、もとは取れるレベルのものと思います。
f0005799_23471812.jpg

by nky1978 | 2012-03-02 12:45 | おおいた
<< 寿司にラーメン? 四方平 小倉にて 鹿児島ラーメンのニューウエーブ... >>