本場で二郎系を食べてみる ぽっぽっ屋 小伝馬町にて

東京でしか食べられないもの、たくさんあると思います。
ラーメンにおいては、やっぱり、この二郎系のラーメンですよね。
地方で、似たようなラーメンを見かけますけど、どうしてもこの味、
東京で食べないと、食べた気がしません。
f0005799_2305545.jpg

本店は、以前、路地裏にあった印象ですが、表通りに引っ越してました。
店の古さ、サイズはどういうわけか、そのままという感じです。
ラーメン。仕事中ということもあり、特にトッピング等の追加はしませんでした。
f0005799_2335336.jpg

いやぁ、やはり食べ応えあります。ここの太さ、硬さ、まさにぽっぽっ屋。
スープの濃さもなんだか懐かしい気分になりました。しかし、東京のラーメン屋、
麺の太さによる茹で時間の長さがあるとは思いますが、待ち時間長い。
博多が短すぎると言う話なのかもしれませんが・・・。
調べてみると、すでにこのお店、店舗展開をしているようで、東京で、
3店舗近く営業しているようです。時間の経過を感じます。
[PR]
by nky1978 | 2013-02-21 13:58 | とうきょう
<< 黒豚系駅弁一番人気らしい 松栄... 博多の台所で、新鮮魚介を 柳橋... >>