人気ブログランキング |

<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

絶品手打ちうどん! 葉隠うどん はかたにて

博多はうどんがうまい。名物。
関東のスープと違った汁の色合い、なんだかたまらない。
この葉隠うどんは、博多駅南の住宅街にある。うどんは、値段も安く抑えられるため、
平日の昼間は、サラリーマンで溢れているが、週末ともなると、割と落ち着いた店内。
f0005799_8491962.jpg

うどん屋ともなると、最近、パターンが出てきたのだが、まずはかしわ飯。
f0005799_8502068.jpg

おにぎりで出てくるお店のほうが多いと思うが、ここはお茶碗に入って出てくる。
味が染み込んでて、なかなかのお味。そして、うどんの定番は、、、肉ごぼううどん。
九州の人は、どういうわけかごぼう天をうどんにのせるのが大好きな印象。
うどん屋にいると、多くの人が、ごぼう!といってる人が多いと感じる。
f0005799_851442.jpg

平べったい、ごぼう天。
f0005799_8523568.jpg

しかも、ここは手打ちで、うどんの固さも程よい固さ。九州のうどんは、割とべちょべちょの
ところが多いのだが、食べやすい固さも、共感がもてるもの。
f0005799_8544458.jpg

器も、ほとんどが小石原焼で、センスの良さを感じる。値段も程よいし、食べ応えも十分。
ぶらっと、気軽に寄れる手軽さがありますね。
by nky1978 | 2009-10-31 11:32 | ふくおかし

タクシー運転手の行き着け どさん子 福岡にて

福岡空港のすぐそばにある、タクシー運転手の行きつけの店。どさん子。
昼間となると、タクシーの駐車がめちゃ多い。場所的な問題もあるのだろう。
空港そば、ひときわ目立つ外観。
f0005799_10463351.jpg

久しぶりに北海道の味噌ラーメンが、無性に食いたくなる、
そんな瞬間ってきっと、あると思うのですが、まさにそういう瞬間でした。
ってことで、味噌ラーメンを注文。
結構な具材の量、麺自体の量も、なかなか。
f0005799_10473276.jpg

細麺じゃないのが、たまらんね・・・。
f0005799_10473877.jpg

あとあとになって、味噌にバターのトッピングが必要だったと後悔。。。
味は・・・、まぁ普通。いわゆる、チェーン店ですものね・・・。店ごとに
メニューを作ったりしているのだろうけど、とんこつ主流の九州の中で、
生き抜いている秘訣は・・・、なにかあるのでしょう。なんなんでしょうか・・・。
by nky1978 | 2009-10-30 14:36 | ふくおかし

漁港そばの名店 向日葵亭 長崎にて

長崎市内から30分ほど、車で行ったところか。
随分と閑散としているあたりにある向日葵亭。
外観は、一見、ファミリーレストラン風で、ちょっと高級感があるイメージ。
f0005799_1013782.jpg

トルコライスが有名とのこと。向日葵風トルコライス。早速、注文。
通常時間帯で900円台するトルコライスが、ランチに行くと600円台。
なんか、随分と安くなる。
待ち時間中、店の中を見回すと、店で作ったフリーペーパーが。
店主は長渕剛が好きなのか、長渕関連の記事多数。あとは、子供関連の記事。
市内から離れているけども、こういった店の雰囲気作りを意識しているのには共感。
f0005799_1045095.jpg

そして、トルコライス登場。とんかつはさくさくっとした、食べやすい食感。
左のパスタはトマトソース。右はピラフに特製のカレーソース。量は男性でも
満足できるボリューム。味もカツとソース(カレーとトマトソース)が絡んで
いろいろな味が楽しめる。
他にもトルコライスをグラタンにしたもの等、いろいろな種類のトルコライスがある。
市内観光に行くには、あまりに辺鄙な場所ではあるけども、機会があればぜひ。

ところで、その向日葵亭で読んだフリーペーパーの記事によると、
トルコライスの名称の由来はいくつかあるらしい。どれが正しいというわけでは
無いらしいですが・・・。
1)3種類の料理がフランスの3色旗「トリコロール」のように見えることから言葉が訛ってできた説。
2)ピラフをトルコのアナトリア高原、トンカツをタウルス山脈、スパゲティをエーゲ海に見立てた地形説。
3)スパゲティ=イタリア、チャーハン=中国でその中央にあるのがトルコという、カツを無視した説。
4)昭和30年、ボルドーの現マスターのお父さんがトルコの炊き込み御飯「ピラウ」をヒントに誕生させた説。
5)昭和28年頃、「レストラントルコ」で現在のトルコライス風の料理」を、ツル茶んの社長が食べ自分の店にも追加。その時に店名を拝借した説。
by nky1978 | 2009-10-28 11:58 | ながさき

体に優しすぎるランチ よい一日 福岡にて

なんか、お店の名前からして、よい雰囲気・よいお店を連想してしまう。よい一日。
連想通り、無添加食品にこだわった、おいしいランチ。
大宰府インターを降りて、福岡の住宅街を行くと、そのお店はあるんです。
入店すると、非常に開放感ある外光がたくさん射す窓に、広いキッチン。
なんだか期待感増大。
f0005799_20261773.jpg

お勧めは?との問いに、「チキン南蛮」と即答。他のお店と違って、柔らかくておいしい!と。
机には、阿波雄鶏についてのチラシが。そして、お店のコダワリについても熱く説明書きが。
そして、チキン南蛮定食が登場!
f0005799_20294593.jpg

ボリュームは満点。ただ、若干、高めの値段設定。これで1,200円。
まぁ、ちょうど良いくらいか。
特製のお漬物とごはん。もともと、米の問屋さんだったということで、
相当の自信の一品らしい。たしかに、米の味はうまいなぁと感じる。
f0005799_2031412.jpg

すき焼き風?の豆腐。半熟玉子、うまし。
f0005799_20314790.jpg

具沢山の味噌汁!
f0005799_20315463.jpg

そして、主役のチキン南蛮はというと、、、確かに柔らかい!確かにうまい!
5切れも入ったチキン南蛮は、それぞれが結構、大きいサイズにきられている。
f0005799_20355051.jpg

何より、このタルタルソース。玉子が出しゃばりすぎず、それでいてチキンの味も
引き立てる。秀逸のソース!
f0005799_20355790.jpg

全体的に、若干、単価は高いが、それに比例する以上のコストパフォーマンスを
感じさせてくれる内容。カレーや、大海老のフライなんかも、自信作らしく、次回は
ぜひ、挑戦したい。
by nky1978 | 2009-10-27 12:24 | ふくおかけん

サラリーマンに大人気の店 うどん平 はかたにて

行列が並ぶ店って、九州には、なかなかないと思うのだが、
昼時に行くと、必ず並ぶ店がここ、うどん平。博多駅から徒歩で7分くらいのところ。
f0005799_1284544.jpg

ここはカウンターのすぐ奥で、うどんを目の前で切っている。
なんだか、本格的な雰囲気が出ている。
そして、うどんが出てくるまでの短時間で食べる、かしわのおにぎり。
f0005799_12184195.jpg

そして、最近の好み、肉ごぼう天うどん。
肉、ごぼうとも、結構な量。昼飯には、このセットでお腹一杯。
トンコツスープには慣れないけど、うどん・そばの汁には慣れてきた。
ラーメンとうどん、それぞれ両極端なスープという印象だが・・・
f0005799_12185157.jpg

しかし、うどん屋って、儲かるのかな。
一人当たりの単価は600円くらい。いくら回転がよくても、昼飯時の一時間くらいで、
従業員が6人くらいるのだが、まかなえるものなのか・・・。
by nky1978 | 2009-10-26 12:02 | ふくおかし

キャナルのラーメンスタジアム① 純連 博多にて

札幌の味噌の名店「純連」。
発祥が同じ?「すみれ」は今泉に店を構えているが、純連は博多初出店。
まぁ、キャナル内のラーメンスタジアムなので、期間限定だけども。
数年前に旅して、食べたこともあるお店。思わず、入ってしまった。
f0005799_20304832.jpg

しかし、博多人はやはり、とんこつが好きなのか、数店舗ある中でも、
味噌系の「純連」、醤油系の「勝丸」は割と閑散。
「龍の屋」「初代だるま」等のトンコツ系は行列をなしていた。
f0005799_20311239.jpg

やはり、純連と言えば、味噌。こっちに来てから、おいしい味噌ラーメン屋なんぞ、
行ったことがないんで、非常に胸躍る。
f0005799_20345744.jpg

なつかしの匂い。生姜か?
この油の下には、濃い、熱い味噌のスープが。
油のお陰で、温かさを維持できるらしい。北国の知恵か。
f0005799_20353100.jpg

そして、この麺。こういう黄色い麺が好きなんです。
f0005799_2035916.jpg

チャーハンも、いかにも中華料理屋という感じの、ラードが良く効いたチャーハン。
f0005799_2035161.jpg

カロリー高そうだが、久しぶりにスープを飲み干してしまった。
キャナルに店を出している間に、また、お邪魔したい店である。
by nky1978 | 2009-10-25 11:25 | ふくおかし

博多駅南にある圧巻のトンカツ屋 とんかつ大将 福岡にて

まさに圧巻の一言である。
博多駅から百年橋通り方面に歩き10分ほど。そこに、とんかつ大将はあります。
トンカツ暦25年ということだが、安さ・ボリューム、どれも、過去最高のもの。
f0005799_17324416.jpg

店頭には、驚異的なディスプレイが・・・。
f0005799_17564549.jpg

f0005799_17565315.jpg

お店のトンカツのランクは6つ。レディース・小・中・大・ジャンボ・スーパージャンボ。
私は、控えめに中を選んだつもりだったが・・・、とんでもない。
f0005799_1823484.jpg

中じゃないでしょ・・・。キャベツは、千切りでドレッシングを掛けただけ。
あとはご飯に味噌汁。トンカツ以外は、目を引くものは無いけれども、
トンカツの存在感が際立ちすぎている。味は決して悪くない。肉の厚みも、
結構、厚い。使っている油も、キャノール油を使っているとかで、健康的。
トンカツを食べた際に、現れる胃もたれ感もない。
f0005799_1824416.jpg

店内は漫画に溢れ、悪い言い方をすると、若干、汚い感じはするのだが、
その安さとボリュームに、土曜日にもかかわらず、店内は満席。
メディアにも結構、登場しているらしく、過去にはギャル曽根も来たことがあるらしい。
一度は、ぜひ、ジャンボを経験してみたいが・・・。
by nky1978 | 2009-10-24 11:29 | ふくおかし

こんな山奥にこんな店が! 岩屋うどん 佐賀にて

長崎道東背振ICを降りると、一帯は神崎という、
数百年の歴史を誇る神埼そうめんの生産地。ぜひぜひ、食べてみたい!ということで、
お邪魔したのが、井上製麺という工場の脇にある百年庵。期待に胸を躍らせ、
訪問してみるも・・・、水曜は定休日。ありえない・・・。子供のころから、無類の
そうめん好きの私が受けたショックたるや・・・。しかし、ここはくじけても仕方が無い。
隣にあった店舗で、非常識ではあるが、お勧めのそうめん屋を聞こうとたずねてみると・・・、
紹介されたのは、なんと、うどん屋。山を三瀬方面に登っていくと、左にうどん屋があります。

そうめんは仕切り改めて、ここは気持ちを切り替えよう!
ダメ元でたずねてみた、うどん屋であったが・・・、大成功!!岩屋うどん。
f0005799_7125865.jpg

一見、ドライブインを思わせる佇まい。車を降りてみると、轟く水の音。店の横には、立派な滝が。
f0005799_7141610.jpg

景色良さそうだなぁ、直感的に感じたその印象は、更に想像を超えてきました。
店の奥には、川の上にせり出すように、カウンター席が・・・。すごい。圧巻。
f0005799_7153664.jpg

お勧めは、うどん類全般とのこと。
注文したのは、ごぼう天うどんに肉をトッピングしたもの。
f0005799_716556.jpg

麺は全部自家製。食べやすい食感に、スープの味がマッチしている。しかも、
具材もたっぷり乗っけてくれている。なにより、景色も相当なおかずだ・・・。
f0005799_7154663.jpg

うどん屋に行くと、たいてい、かしわ飯を注文するのだが・・・、聞いてみると、
「お米も相当うまいけん、かしわ飯は作ってないんです。」とのこと。素晴らしい。
f0005799_7171052.jpg

ダメ元で行ってみたうどん屋ですが、最高。若干、寒かったですが、夏場に行ったら、
たまらんだろう。しかも、うどんの味も、なかなかのもの。店は結構な賑わいで、
お昼前でしたが、人で溢れてました。ここ、穴場です。
by nky1978 | 2009-10-14 12:08 | さが

絶品?名物カレー 5yen 福岡にて

博多駅前にある、ひときわ古そうな喫茶店5yen。
昼飯時は、近所のサラリーマンで、にぎわっており、弊社もすぐそばにあるため、よく行く喫茶店。
f0005799_17324567.jpg

昼飯は、日替わり定食、どうみても、チャーハンだがピラフと名乗っている焼飯。そして、、、カレー。
f0005799_1734593.jpg

このカレーが凄いんです。カレーなのに、具が無い。たまに、申し訳程度に肉の切れ端が・・・。
しかも、トッピングのタマゴを入れないと、、、胃が荒れる。すさまじいまでの香辛料が入ってます。
食べた日の夕方ごろには、必ず胃もたれ・・・。
しかし、ここの雰囲気は、昔ながらの喫茶店で、居心地は満点。何回も通って、
何回も胃もたれしてしまう、そんなお店です。
by nky1978 | 2009-10-09 17:29 | ふくおかし

大分の隠れ名物!中津のからあげ! からあげ大吉 中津にて

大分県の鶏肉の消費量は、ハンパないらしい。
特に中津のからあげ消費量は、ハンパないらしい。
確かに町を走っていると、から揚げ屋の多いこと多いこと。。。
そんな中で、前からチェックしていたお店に。からあげ大吉。
f0005799_7631100.jpg

町のどこら辺にあるかは、まったく分かりません。。。
はじめ、イートインできるものだと思っていたのですが、
どうやら、中津のから揚げ屋でイートインスタイルは、あんまりないらしい。
注文したのは、手羽先と骨なしから揚げ。
待つこと5分くらいで出てきました。待つ間、ジュワーっと、揚げる音が
聞こえてきます。なんと、ビールのほしかったことか。。。
f0005799_765161.jpg
f0005799_765774.jpg

まずはその場で出来立てを頂きましたが・・・、熱い。。。舌を火傷しました。。。
しかし、そのジューシーさは、さすが。うまい!
熱いけど、食べたい!そんな欲求バトルが繰り広げられました。
しかも、特筆すべきは2時間後、帰宅してから食べたから揚げ・手羽先も、
バカうまでした、、、ってか、2時間くらい経過していたほうがうまく感じてしまった。
f0005799_771983.jpg
f0005799_772896.jpg

これも、から揚げの醍醐味ですか。
by nky1978 | 2009-10-07 16:05 | おおいた