人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

昔懐かしいデパート最上階のレストラン ファミリーレストラン 鹿児島にて

今でも、あるのかな?百貨店の最上階には、かならずレストラン街があって、
買い物に行くと、そこに行くのが楽しみで。そんな昔懐かしい思い出をつい
思い出してしまいます。そんな昔懐かしい雰囲気を全開に出しているのが、
鹿児島の老舗百貨店である山形屋の最上階にある、ファミリーレストラン。
f0005799_22185567.jpg

すげぇ、広い敷地面積。平日なんだけど、なぜ?って位の人の入り。
びっくりです。家族連れ、老夫婦等々。しかも、相席当たり前のすごい仕組み。
あ、前金制です。前金と想定していなかったので、注文を問われるとあせってしまいます。
が、ここのお店は、皿うどんがうまい!という評判を聞いていたので、迷うことなく皿うどん。
しかも、黒酢付きにしてみました。黒酢といえば、鹿児島の特産品ですからね。
f0005799_22181844.jpg

ってことで、皿うどんアップ。
f0005799_22192252.jpg

皿うどんって、私、九州の皿うどんは基本的に軟麺で、揚げていないものが基本と思ってました。
しかし、ここは立派なパリパリの食感のする皿うどん。掛かっているのは、具材豊富なタレ。
そして、一番困ったのは、黒酢の扱い。どのタイミングで掛けるべきか、、、店員に聞いたところ、
全部、最初にかけてしまう人もいれば、そうでない人も・・・、好き好きです。だ、そうです。
結論から言うと、黒酢はあってもなくてもいいと思われます。皿うどん単体でも、十分すぎるおいしさ、
その味を堪能したほうが良いと思われます。しかし、この百貨店の雰囲気は、すごい。歴史感じます。
f0005799_22184923.jpg
f0005799_22193442.jpg

by nky1978 | 2013-01-25 13:17 | かごしま

伝統ある湯豆腐屋さん ごん兵衛 鹿児島にて

湯豆腐屋って、新鮮ですよね。あんまり聞いたことがない。
しかも、伝統ある湯豆腐屋さんって言うと、ものすごく高級店をイメージしますけど、
なんとも、昔ながらの、素敵なお店でございました。
f0005799_0333665.jpg

店内は大きな半円のカウンターのみ。カウンター内には親子?という感じの母娘。
まぁ、伝統あるからこそなのか、接客は期待してはいけません。
注文したのは、焼き物と、湯豆腐一式。
f0005799_0341613.jpg

f0005799_039495.jpg

湯豆腐、一人で行っても、とりあえず、一人前出てくるので、
一人で行くと、ちょっと割高に感じてしまうかもしれません。豆腐自体は、お店が
特注で頼んでいるものらしく、確かにおいしいんですよねぇ。しかも、焼酎が安いんで、
お酒が進む進む、これは危険です。気づけば、満席だったお店も、私ともう一人くらいに。
もうちょっとフリートークができる店員さんだと、もっと居心地が良いんですがね・・・。
f0005799_0372784.jpg

締めはそうめん。さっぱりしていて、良いですね。
f0005799_0353752.jpg

by nky1978 | 2013-01-24 22:32 | かごしま

ちょっと気になる看板のお店 究極の細麺ぶたや 博多にて

ぶたや、というらしいです。交通量の多い、博多駅筑紫口から少しだけ離れた
交差点のあたりにあるんですが、この「究極の細麺」ってインパクト、かなり
大きいですよね。
f0005799_0303043.jpg

た、確かに、細いです。もともと細い博多ラーメンの麺から、更に細い・・・。
そうめんのようで、個人的には、ここまで細いと、逆に良いかも。食べやすい。
f0005799_0305282.jpg

味?普通の博多ラーメンです。ただ、エリア的に、競合が少ないこと、
アルコール類やサイドメニューもそこそこあり、店内も広いことから、締めの店としては、
結構、良いかもしれません。
by nky1978 | 2013-01-23 22:29 | ふくおかし

やはり、うどんは固いに限る へんろみち 大分にて

大分の都町にある、こちらのうどん屋。最近、休みの日が増えて?、夜も
なかなかめぐり合えなくなってしまったんです。なので、無理に、昼に行って見ました。
f0005799_22182270.jpg

九州では珍しい、本場讃岐の讃岐うどんのお店です。やっぱり、麺は固いに限る!!
f0005799_22165412.jpg

ここは、麺はもちろんなんだけど、トッピングの具材へのコダワリも相当だと思うんですよね。
本格的なごぼうに、厚みのあるジューシーなお肉!値段は、うどん屋の中では結構高い部類に
入るけど、このコダワリの対価としては、相応な価格帯。しかし、やっぱり、四国に程近い
大分ゆえの、讃岐うどんなんですかねぇ。大分自体、結構、うどん屋は多いかも。
by nky1978 | 2013-01-22 11:14 | おおいた

八幡のそば処 芭蕉庵 八幡にて

八幡駅周辺に、それはおいしい御蕎麦屋さんがあるということで、
行って参りました。こちら、北九州でも一番と言われる位のお店です。
f0005799_0251688.jpg

店内は割と狭い感じ。接客は地元のおばちゃん的接客で、
遅れてくる連れへのナビゲートも、親切にやってくれました。ありがとう。
頼んだのは、鳥南蛮と、ミニ海老天丼なんですが・・・。
f0005799_025313.jpg

まず出てきた、こちらの丼物に、大感激しました。うまいんです。
特に上に掛かっている玉ねぎのソースが絶品で。。。感動しました。
天ぷらの大きさも、十分すぎるくらい。これだけでおなか一杯になってしまいます。
f0005799_0254796.jpg

そして、肝心のそばですが、こちらもなかなかの味でございました。
つるつると食べやすい喉ごしに感激です。しかし、蕎麦って、レポート難しいな・・・。
ただ、こちらのお店の雰囲気と味は、なかなかです。
by nky1978 | 2013-01-11 12:23 | きたきゅうしゅうし

熊本・大分間は、ここで飯 味処天神丸福 竹田にて

たまーに、というか結構、熊本・大分間を阿蘇のど真ん中を越えて行くときが
あるんですよね。結構、雄大で見ごたえもある景色だし、ドライブする道としては、
かなり良い道と思います。そして、いつも食べるのがこちらのお店。
以前、取り上げたこともありますが、再登場、天神丸福です。
f0005799_0263639.jpg

とり天南蛮定食。ボリュームたっぷりの2種類の鳥の揚げ物です。
しかし、ボリュームがすごい。しかも、その新鮮感とでも言うのか、食べた時に、
なんか、さっきまで生きてました的な感じに襲われるんですよねぇ。ただ、
半生だっただけかもしれませんが・・・。
f0005799_0265040.jpg

f0005799_027674.jpg

しかし、こちらのお店、半端ない待たせ方でした・・・。
田舎の時間間隔なのか、店員の配慮もないし、まぁ、急ぎの旅ではなかったので、
良かったのですが、次回以降も時間に余裕がないと、少しつらいですな。
by nky1978 | 2013-01-09 13:25 | おおいた

久しぶりの大砲 大砲ラーメン 小郡にて

年明け4日にも近くを通ってみたけど、どういうわけか、
とんでもない行列が出来てました。違う店か、何かのイベントでも
あったのか?と思って、明けて7日に行ってみると、またもや満車に近い車の数。
f0005799_0282682.jpg

今になって、再度、ブームが到来したのか?
小郡IC付近には、他に食う店がないのか?色々と思いを巡らせてしまいます。
うちの上司、久留米系は初体験だったらしいですが、ちょっとビビッてましたね。
事前情報の印象が強すぎたためか、食後は、「薄い。」と連呼してました。
f0005799_0293982.jpg

たしかに、普段の大砲に比べると、若干、薄かった印象がありますが・・・
しかも、ちょっと、値上げした??大砲とか、もともとの価格設定が安くなっている
から、少しの値上げも、ずいぶんと値上げした印象になってしましますが・・・。
by nky1978 | 2013-01-07 11:27 | さが

応援したくなる味 ゆずの木 姪浜にて

姪浜にある、こちらのゆずの木。ビュッフェで、値段も手ごろ。
この日は日曜日であり、かつ新春特別価格と言うことで、900円。安い。
f0005799_0231125.jpg

通常は1,300円とかです。知るきっかけとなったのは、
ビュッフェ特集の雑誌に載っていたので、興味を持ったのですが、
こちらのお店は、障害者の方がスタッフとして多く携わっているお店なんです。
f0005799_0233529.jpg

メニューは、非常にオーソドックス。
f0005799_0235552.jpg

いわゆるビュッフェの鉄板系のメニューであったりが非常に多いのですが、
接客は一生懸命で、非常に好感が持てます。かつ、味も非常にレベルが高いものでした。
ネット情報ですが、それなりの料理屋で調理をしていた方が料理長として携わられているとか。
一般市場に出しているお店である以上、味は厳しく消費者から見られるでしょうが、
それでも、もう数年の営業歴を誇り、当日は地元と思われる方で満席に近い状況でした。
しっかりと、お客の心を掴む味と接客です。
f0005799_0252364.jpg

by nky1978 | 2013-01-06 11:22 | ふくおかけん

あらというものを食べてみた 相撲茶屋大塚 博多にて

新しく来た上司が、くえを食べてみたいとおっしゃられました。
九州で言うところの、あら、に当たるものです。地方によって、
魚の言い方とか違うって、なんか不思議ですよね。ということで、
所内の親睦会費での新年会会場に、選定したのが、今回のお店。
こちらの大塚さんは、あの漫画「美味しんぼ」にも登場するお店、
ネット上の評価もそこそこ高かったので、期待大で行ってみました。
f0005799_0181710.jpg

そもそも、あらというもの自体を食べた記憶が無いものですから、
そちらに対する楽しみ、期待も高かったんです。しかし・・・、
正直、ちょっと失敗したという感じですね。
f0005799_019933.jpg

コラーゲンがたくさんなのかもしれませんが、脂っこすぎる独特の味、
匂いは、強烈過ぎました。
刺身、感触はフグに近いのか?変なゴムを食っている印象でした。
f0005799_0193734.jpg

からあげ
f0005799_020067.jpg

そして鍋。目ん玉もあります。怖い・・・。
f0005799_0204670.jpg

f0005799_0211443.jpg

締めの雑炊もここに来るまでに出来上がってしまった、あらへの苦手意識から、
おいしいと感じることは出来ませんでした。匂いが強い・・・。
f0005799_0213737.jpg

きっと、好きな人は好きなんだと思います。魚歴の浅い私には、ちょっときつかった。
by nky1978 | 2013-01-04 18:13 | ふくおかし